【FF14】僕がクラフター装備を作業重視で禁断した理由【暁月/パッチ6.0】

クラフター

だぶぴーです。

そろそろクラフターレベリングがおわり、Lv90装備も揃い、禁断に悩んでるって人も多いのではないでしょうか。

普通に総ステータスが高くなるようにバランスよく禁断をすれば、作業・加工ともに3400~3500くらいのステータスに収まると思います。

しかし僕は、敢えて作業3643・加工3298・CP586(マイスター込み)という禁断をしました。

今回は、その理由を書いていきたいと思います。

※念のため最初に書いておきますが、今後実装される秘伝書レシピの要求ステータス次第では禁断しなおしも考えられるので、推奨はしてません

マクロの行数を減らすことを考えた

理由はずばり、マクロの行数を減らすためです。

1行の差、たかが2-3秒の違いと考えてしまいますが、大量に製作する場合はこの2-3秒が大きなものになってきます。(漆黒の時クッキーや水薬マクロを、数千回とか動かしてる人もそこそこいたのでは?)

先日投稿したクラフターマクロをもとに考えます。

ちなみに、先日投稿したクラフターマクロの記事はこちら。

どのアクションを減らすことができて〜とか、このアクションの代わりにこれを使うと〜とか面倒なこと考えるよりも、

単純にLv90レシピ(14行)で、Lv89レシピ(12行)のマクロを使えるようになればいいのでは?と。

ステータスを計算して・・・という頭はない(計算式も知らない)ので、名匠マテを一個ずつ埋めて確認。

その結果が作業3643です。

これは本当にぎりぎりの数字で、マテリガ1個(作業+6)減らすだけで12行マクロは動かなくなります。

マイスターや食事がないとなかなか厳しいステータスですが、収集品で稼ぐジョブは素材の関係で人によって決まっていると思うので、そのジョブでマイスターをとればなんとかなるかな、と。

僕の場合は紫貨を調理、白貨を木工で稼いでいるので、この2つはマイスターにしています。

残りの穴をCP>加工の優先度で順当に埋めていった結果、加工3298・CP586というステータスになりました。

このステータスにすると、Lv89レシピが12行→11行になるメリットもあります。

補足:なぜLv90レシピとLv89レシピで2行も差ができていたのか?

耐久消費のアクションを減らすことができ、マニピュレーションを使わずとも耐久が足りるようになったからです。

耐久消費アクション+マニピュレーションで2行減った感じですね。

このマクロが動いたときは感動しましたね・・・。

一種のターニングポイントを見つけたというか、12行が明確な目的となった理由にもなっています。

秘伝書レシピに対応できない可能性があるのでは?

おそらく零式の実装と同時期に、新式装備などに対応した秘伝書が実装されると思われます。

秘伝書レシピには作業・加工ともに要求ステータスが設定されており、そのステータス未満だとそもそも製作を開始することができません。

作業特化の禁断をしたことにより、加工が要求ステータスを満たせないのでは?という懸念点は確かにあります。

しかし、これはあくまでも予測でしかないのですが、

主道具と左側の装備は紫貨装備+副道具とアクセはLv90装備で、確定穴のみにアルテマテリジャをはめる…つまり、禁断なしでも、できるだけステータスが高い装備を揃えれば要求ステータスを満たせるようになると思っています。

その点で考えれば、現状の禁断でも紫貨装備よりは加工が高いステータスになっているので、おそらく問題ないはず。

とはいえそれでも加工が足りなかったとき用に、はめ直しやすいような順番で埋めています。リスク管理大事。

実際の禁断

ここまで読んで、作業特化の禁断に興味が湧いた人は、あくまでも自己責任で真似してみてください。

首・耳・腕に関しては、魔匠のマテリガを5枠目に持ってきてもいいと思います。


以上、僕が作業特化で禁断した理由と、実際の禁断例でした。

秘伝書レシピがでたタイミングで禁断し直しにならないことを祈っています…。

タイトルとURLをコピーしました